2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

四谷合不合結果(入試本番まであと202日)

久々の更新となりました。

 

四谷合不合結果が出ましたね。

前回のサピックスオープンで、一皮むけた感があったので

こっそり期待をしておりましたが、イマイチでした(-_-;)

 

【算数】 ちょい↑

前回の四谷より、ほんのちょっぴりUP。

前回が悪かったので、今回もあまり伸びずでした。

 

分析と対策:大きな1~3までは満点。

ここは、この半年ほどですごく成長したところです。

計算ミスがなくなり、小問題が確実にとれるようになりました。

大きな4からの、とらねばならない問題を落としていて

得点が伸びず・・・

解きなおせば解ける問題もあるのですが、これが実力です。

 

この夏は、この半年やってきた問題集の穴うめとプラスワン問題集、

そして夏期講習のテキストをメンイに取り組んでいきたいと

おもいます。

 

【国語】 前回よりUP↑↑

3桁台の順位でした。

 

国語があまり好きではないと5年生から言っておりましたが、

何故かいつも安定の国語。

得点源になっています。

漢字苦手で、小説や物語の本など一切読みません(~_~;)

授業もほぼ受けておらず、読解を解き一緒に解説を確認する

などの学習方法です。

 

分析と対策:記述は、必ず無理やりでも埋めるので部分点

ゲットできています。

また、書き抜きや選択問題も安定してきました。

漢字は、かなり怪しいですが模試の時はなんとか切り抜けて

います。

夏休みは、漢字の強化と語句

そして、読解については夏期講習で学んでもらいたいと

思っています。

 

【社会】前回よりダウン↓↓↓↓

今回は、あまり復習をしていない単元が出たり、

ミスがあったりでかなりのダウン・・・

漢字もミスが目立ちました。

 

分析と対策:夏休みは夏期講習プラス、もう一度知識問題を一通り

確認できるものを仕上げる必要がありますね。

 

【理科】前回よりUP↑

少しだけ前回よりUPでした。

以前は社会より理科がアウトだったと記憶してい

いるのですが、最近安定してきました。

 

分析と対策:UP要因は、メモリーチエックを8割仕上げたことで

苦手分野の基礎知識がついているようです。

あと、難解物理の計算系はNNでかなり鍛えられたようです。

夏休みは、夏期講習で総復習、穴をうめたいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

4教科では、ほんの少し偏差値UPでしたが、順位は前回より

少しダウンでした。

志望校判定は、第一志望20%という厳しい結果でしたが、

夏前最後の模試でしたが、今後の課題も見えてきました。

 

どこかで本気モードに入れば、動き出すかと思いますが、

焦らず見守りたいと思います(^^♪

 

(長男 小6 7月)