2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

2019 中学受験 母の心構え

母の心構えを語れるほど、素晴らしい母ではありませんでしたが

自分が今、出来ることは100%サポートしたいと思って

この受験に挑みました。

 

保育園から小学校に上がる頃は、小学生になったら

何でも自分でするだろう。と勝手に思っていましたが

そうではありませんでした。

 

自分が小学生の頃は、もっとしっかりしていたのでは?と

感じていますが、その記憶は、もっと後の中学・高校の

ものなのかもしれません。

 

大人になった自分は、小学生の気持ちなど全く

分からなくなっているんだな~と子供と接しながら

何度も感じました。

 

中学受験において、自主的に計画をたてて

できる小学生はなかなか少ないと思います。

かなり高い、志のある子、しっかりした子、見通しを立てれる子

でないと難しいと思います。

 

我が家の長男G君は、しっかりしている面もありますが、

そこまで中学受験の志は、高くありませんでした。

 

受験をやったほうが将来自分のためになるし、好きなことが

できる学校にいけるんだろうなぁ~。。。

でも、努力するのはしんどい。。。

という感じでした。

 

主体的に受験に取り組む日が来ることを願っていましたが、

そうはなりませんでした。

 

ただ何度もぶつかったり、泣いたりする中で話し合いましたが

受験を辞める選択はしませんでした。そこから逃げないなら

母もこの子のスタイルに合わせて付き合おうと腹を

くくりました。

 

最終的にいきついたのは、あくまでも彼の人生であると

いうこと。

 

親の想いで、こういう風になってほしいと思っても

その通りにはなかなかなりません。

親が、失敗してほしくないから一生懸命レールを引いても

その通りには進みません。本人が納得しないと。

 

なので、

過度な期待をせずに、今できることを"たんたん"とこなし、

本人を応援し何があっても受け止める愛情が

が大切だと思って挑みました。

 

中学受験が終わり、この先もたくさんの壁が

G君にあると思います。

どんなことが起きようとも、そこから学んでくれる

人になってほしいと願っています(^^)

 

自分自身でもいつも思っているのですが、

人生に起きる全ての出来事に意味がある!