2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

2019 中学受験 母が読んで役に立った本

中学受験をするにあたり、沢山本を読みました。

大手塾に行ってなかったので、本から様々な情報収集をさせて

いただきました。

 

良書は沢山あり、そのやり方をしたら良いだろうな~と思うのですが、

子供がその通りにならないのが現実です(^^;

 

読書をしたほうがよいとわかっていても、小説などは

全く読まない・・など(我が家もそうでした)

 

大人なら、目的のために手段を選ばずで読むのですが、子供にそれは

通用しません。(うちの子だけか?)

 

なので、こうすればもっと良くなりますという本より、

親の気持ちの持ち方を変える本が約に立ちました。

 

多分、30冊ほど買って読んだ中で、印象に残っている3冊です(^^♪

 

/////////////////////////////////////////////////////

 

落ちたって、いいじゃん! 逆転発想にこそ難関中学合格の

カギがある金 廣志 (著)

 

 

久々にアマゾンで見ると、中古本の価格が高額になっていますね(^^;

やはり人気あるのね。。。

 

この本は、金先生がどういう風に成績を伸ばしていけばよいかを

具体的に記載しておられます。(やり方がすごくシンプルです♪)

一度、講演会にもお伺いしました。

 

スタンフォード大に三人の息子を合格させた 50の教育法

 

スタンフォード大学に入れたうんぬん、というところではなく

アグネスチャンさんの愛情あふれる子育てに感銘を受けました。

すごく、お子様と向き合い育てられていた様子が綴られています。

母として尊敬♪

 

偏差値30からの中学受験合格記―泣いて、落ち込んで、最後に笑った母と子の500日

鳥居 りんこ (著)


とても面白い内容でした♪ お母様視点で息子様の中学受験を

通しての成長記録を綴られた本です。

 

これから受験をされる受験生のお母さまへ、参考になれば♪