2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

過去問のできばえ(受験まであと120日)

受験生の皆さん、過去問を進められているかと

思います(^^♪

親御様も過去問の付き合い&見守りおつかれさまです。

 

我が家も、少しづつ過去問進めております。

 

ペースとしては、

週1回の4時間授業の日に、30分の試験を1回分

土曜日の午前中に、3~4教科

あとは、模試のない祝日や模試の午後からなど。

 

4教科一気にやり、その後直しをするとかなり疲れますね・・・

その後、授業がありますし・・・

でも、ここでやると決めないと過去問が進まないので、

この日は、やる日!と決めて実施しています。

 

先月は、第3志望と第4志望の学校を2回分ずつ解きました。

第3志望は、少し足らずぐらいの結果でした。第4志望は、1回は合格点、

もう1回は少し足らずでした。

 

先月から、今月頭で第一志望と第二志望をの4教科1回分を

終えました。

 

第二志望は、合格点(^^♪でした。

最初に理科をやった時に、50点中14点という恐ろしい結果

だったので、まだやはりこのレベルは難しいのね・・・と思って

おりましたが、その他が思いのほかできて合格点に届いていました。

 

第一志望は、マイナス30点ほど。

こちらも、先月に算数だけ先に行った時は、100点中22点ぐらいの

無残な結果で焦っておりましたが、その他の教科はできているものも

ありました♪

 

あくまでも過去問ですし、まだ1回トライしただけなので

これで判断はできませんが、スタートラインには立てそうな結果で

少し安心しております。

(また撃沈するとは思いますが・・・)

 

あと4ヶ月大変ですが、どうせトライするなら親子ともども

楽しみながら進んでいきたいと思っています。

 

どんな結果が出ようとも、チャレンジして手に入れたものは

一生もの。今後の人生に絶対プラスになります。

2月に、やりきった!!と言えるようにサポートしたいと思います。

 

(長男6年 10月)