2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

2018.6.21 学習院中学 説明会

木曜日は学習院中学の説明会に参加してきました。

JR目白駅からすぐで、アクセスはとても良いです(^^♪

 

知り合いの方が通っている学校でもあり、なんとなく親近感を

感じながら校門をくぐると木々がいっぱいで、とっても素敵な雰囲気。

 

広さは、東京ドームの4.4倍だそうです。

講堂も重厚感のある雰囲気。さすが、学習院です。

上品なおぼっちゃま学校というイメージでしたが、先生のお話がとても

ざっくばらんで面白かったです。

 

大学の内部進学~外部進学の内容まで細かいお話を

伺うことができました。

 

今まで伺った説明会の中で、一番正直で包み隠さないお話が

聞けた説明会でした。(学習院なのに以外でした)

 

しかし、我が家の長男君は完全な理系。

このあいだの、サピックスオープンの理科もB問題が好きなタイプ。

文系の学習院は、ちょっと違うかな・・・良い学校そうだけど。

と感じた母でした。

 

一応長男にパンフレットを見せ、「文系の学校らしいよ~」と伝えると

「ふ~ん。いいわ~」で終わりました。

 

今まで彼が、ものすごく気に入った学校は2校。

まぁまぁ気に入った学校が2校ほどです。

あとは、興味を示しません(^^;

はっきりしていて良いのですが。

 

我が家の学校選びの基準は、


【長男の視点】

・理系で、理系の活動ができる学校

・大学受験ができる学校(進学校

 

 

 【親の視点】

・長男のよさを伸ばしてくれる学校

・良い仲間に出会える学校

・理系で、彼の好きな部活や研究などに打ち込める環境がある学校

・進学と言う選択をした場合、サポートのある学校

・アクセス(6年間通うので、あまり遠い学校は・・・)

 

あとは、親子ともども学校を見に行った時に感じる“直感”

大事にしています。

入ってからは、自分次第。

どんなことが起きても、それを学びと捉えプラスに変えていける大人になって

欲しいと思っています(^^♪

(長男 6年 6月)