2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

併願プランを考える その2

今週は、たくさん学校説明会に行かせていただいております。

(月~金(今日)まで、5校)

6年になり長男の行きたい学校またレベルも見えてきて、そこから考えた

学校に足を運んでいます。

 

4,5年生の時は、まだどうなるかわからないのでなんとなく気に入った

学校のみを見に行っていましたが、6年になると立ち位置も少し

ずつ見えてきます。

 

理想の学校、現実的な適正校、押さえの学校などなどを考えると、

説明会参加の回数も増えますね(^^;

 

今週は以前作成していた併願プランにで、日にちごとに〇×をつけて、

こうなったら、こうする・・・などのシュミレーションを行いました。

 

結構リアルですね(;^_^A

この日は、ほっとしているのか?

はたまた、焦っているのか??

などなど・・・

 

今考えている、成功パターンだと3日で終了。

アウトパターンだと5日まで試験です。

またここまで〇がない場合は、こちらの学校を受験するなどの

ダブル出願も考えておかねばなりません。


合否発表の日程や時間も考え、そこで〇ならチャレンジ校へ。

申込の期日も考慮しないと、そこしか受かっていなくて押さえたい場合は

出費がすごくなってしまいます。

 

ネット出願か否でも、先に申し込んでおくのか?

結果が分かった時点で、申し込むのか?

なども考えておく必要があります。

 

また、これからどういう成績になるかも、まだわからないので

今の持ち偏差値+ー5~10の学校を見ておかないと、と思っております。

 

長男が熱望している学校に入れれば、それで万々歳ですが、

そうでないときのプランも、真剣に考えておかなくてはならないと

思っています。

そのためにも、第三志望や第四志望の学校にしか〇を貰えない場合でも、

親子ともども納得の上、通える学校を見つけておきたいと考えています(^^♪

 

実際に足を運んでみると、印象と異なる学校が結構あります。

 

長男が成長できる学校にご縁がありますように♪

(長男 6年 6月)