2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

2018.6.17 東京大学教育学部附属中等教育学校 説明会

日曜日は、東京大学教育学部附属中等教育学校の説明会に参加して

きました。

こちらは国立の学校。

f:id:Einstein-t1:20180620072451j:plain

 説明会が予約制ではなかったのですが、予想より人数が集まった様子で

椅子がぜんぜん足りない状況で、10分ほど遅れてのスタートでした。

 

例年より、沢山の方がこられたという事ですよね・・・

 

双生児研究をされている学校なので、双子のお子様も多数来られていました。


自由で、個性を尊重してくださりそうな校風。

卒業生さんのお話もあり、のびのびとした校風が伝わってきました。

 

施設は、とても広く感じました。


募集人数が少ない上に、双子枠というのがあるので、かなり狭き門

になるのがネックですね(^^;

 

帰って長男に説明すると、見てみたい!と言っておりました。

4,5年の頃に、もっと説明会や文化祭に連れて行っておいたらいいと

よく言っておられますが、実感しております。

ただ、どのぐらいのレベルの学校にいける状況になっていくのかが

4,5年だとまだわからない面も多いので、難しい面もあります。

4,5年の時に、親だけで塾の説明会に先に参加しておき、良さそうな学校を

ピックアップしておき、その学校の文化祭などに子供を連れていくのがベスト

ですね。

6年の秋からの文化祭は、特訓コースや模試などで行くのは難しい

状況になりそうです。

 

(長男小6 6月)