2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

まだまだ力不足&メンタル弱し(入試本番まであと255日)

日曜日は、4回目のNNでした。

NN内のテスト、ボロボロでした(-_-;)

 

まだまだ基礎が出来上がっていないところに、問題が難しい・・・

 

前期のNNあと4回。

来週は、前期NNの2回目の模試です。(1回目に合格しているので、外される

ことはありませんが、クラス分けとしてテストをうける必要があります)


昨日は、NNの復習をメンイに学習しました。

塾に通っていない息子は、「1回目2回目と復習はこの問題だけでいい!

と先生が言っていた。」と言っていたので、そのまま放置していましたが

回数が進むにつれて、授業で残された問題や宿題を取り扱うことは

なく(次々と新しいカリキュラムがあるので、そんな時間はないのでしょう)

進んでいきます。

これは、暗黙の了解で復習すべきだと気づきました(;^_^A

(遅い・・・)

 

国語の記述問題は、なかんか複数要素をとりまぜた記述ができません。

そして、まだまだ子供っぽい記述しか書けません・・・

そして、本文と異なることが書かれていたり・・・

つっこみどころ満載の解答です。

本文から、解答を探している間に問題の主旨を忘れてしまい、自分の思い込みで

記述をしています。

 

まだまだトレーニング不足を感じました。

 

理科と社会は、基礎知識の不足や漢字の正確さ、またこちらも記述が

まだまだ。

主語ぬけ、要素抜け、データの読み取りをせずに勝手なことを書いてしまうなど。

 

算数は、前回は少し良かったのですが、今回はボロボロ。

1問目の、複雑な計算問題から間違えていました。

 

取るべき問題をきちんととるということが、まだまだ出来ていないことを

痛感しました。

 

昨日は、それを伝えると落ち込み泣いてしまう息子。

悔しい気持ちもあまりない息子。

でも、受験はやめないと言う息子。

全てを受け止めて、今できることをして前に進んでいこうと

思った1日でした。

(長男小6 5月)