2019年 長男の中学受験の足取りを綴る

現在小6の息子の、中学受験までの記録をつづります。

自宅で模試(入試本番まであと271日)

昨日の家庭学習は、自宅で〇東系の模試を行いました。

目の前でやっているのを見ると、色々を目につきますね・・・

 

シャーペンを転がしてみたり、問題の取捨選択をせずに同じ問題を

考えていたり、最後の5分を切っても見直しをしていなかったりと。。。

 

まだまだ本気モードではないことを痛感させられますが

大人が理解できにくい、小学生しかも男子なのですよね(-_-;)

気長に付き合っていき、できるだけ待てる大人になりたいと

思っております。

 

結果は、

算数:5割

国語:4割

社会:4割

理科:4割

でした。

 

記述が多いので、採点が難しいところですがシビアに

採点しました。

 

理科と社会については、かなり発展問題が多いので

基礎知識をもとに、いかに自分の知っている知識を組み合わせ

選択問題を選ぶ、もしくは消去法で解答を導きだすなどの力が必要です。

記述問題は、問題の意図をくみ取った記述がまだまだ出来ておりません。

 

算数は、前回よりは良くなりましたが後半の問題は、まだまだ

(1)も取れていません。

 

国語は、初めて最後の120字ほどの記述で時間が足りなくなっていました。

段々と読解分も長くなり、時間配分にももっと気を配りながら

解いていかないといけないと感じました。

 

色々と見えてきたので、また復習に活かしていきたいと

思います。

 

夕方からは、友人の舞台を見にいってきました。

素晴らしい舞台で、感動しました♪

「ぼくもやってみたい!」と意外な発言もしておりました。

「中学に入ったら、演劇部もいいかもね~」と話しながら帰りました。

 

今日は、朝勉後

遊園地に行ってきます(*^^*)