2019年 個別塾のみで中学受験 

現在小5の息子の、中学受験までの記録をつづります。

学習法 その1

5年5月現在の学習法

四年生の1月から、長男のは個別塾に通っいます。

おもしろいシステムの個別塾で、各自自習で勉強を行い、

わからないところだけ、先生に質問することができます。

 

【メリット】

 

・塾が空いている日は、何時間いってもOK

(夏休みなどは、一日中もOK)

 

・高校生から小学生が通っているので、たての繋がりができる

 

・休憩時間は、将棋や読書など楽しめる時間がある

 

・勉強以外で学べることが多い

 

 

【デメリット】

 

・混んでいる時は、先生一人に生徒が8人ほどいるので、あまり聞けない・・・

 

・基本的に代表の先生が1人がメンイなので、その先生が倒れたらお休みになる。

 

・カリキュラムがないので、自分で学び演習を黙々と進める精神力が必要

(小学生には厳しい・・・)

 

・小テストなどがないので、ライバル意識などがないことと、

暗記系の定着が自分の意識が高くないとテストがないのに、暗記ができない。

(これも、小学生には厳しい・・・)

 

先生のスタイルは、すぐに成績を伸ばすというよりも

勉強や学ぶスタイルの楽しさを身につけ、自分から意欲的に学習に取り組む

というスタイルを目指しておられます。

 

すぐに、点数や成績があがるということは

難しいですが、これを自分で出来るようになるといつでも、どこでも

自分の力で学んでいけると思っています。

 

(長男小5 5月)